愛和住販の賃貸日誌

それほど賃貸管理物件は多くないのですが、ちょこっと賃貸のことを書きたいブログです

生活保護受給者さんの賃貸事情

先月・今月と賃貸契約を数件成約いたしました。

通常の賃貸というと1~3月くらいがピークなのですが

なぜか弊社の場合はピーク後に賃貸契約がまとまることが多いです。

管理物件がほとんどないので仕方ないですよね(笑)

さて、先週末にご契約いただいたお客様は生活保護受給者の方です。

生活保護受給者の方が賃貸物件を探すのは結構苦労します。

まず、「生活保護受給者の方お断り」という物件が多いです。

大家さんがお断りしているのか、それとも管理している不動産屋が

そう仕向けているのかは分かりませんがそうした物件が多いですね。

一体、生活保護受給者の方に対してどんなイメージを持っているのでしょうか?

「怠け者や詐欺師が税金をかすめ取っている」というようなイメージなのでしょうか?

実際そうしたことも稀にありますがほとんどの方は真面目で質素に暮らしています。

また家賃滞納も当然のことながらほとんどありません。

むしろ滞納率は一般の人より圧倒的に低いのです。

大家さんにとっては歓迎すべき店子さんだと思います。

それでもなお「生活保護受給者の方お断り」物件が多いのは

生活保護」=「悪」というような風潮を行政が進んんで印象操作していると考えます。

それを象徴するのが「上限家賃」の引き下げです。

2015年に厚労省が住宅扶助費用を減額する方針を示してから

こぞって上限家賃を引き下げています。

これも生活保護受給者の方が賃貸物件を探すときにの足かせになっています。

日本国憲法第25条に「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と記されています。

生活保護受給者の方であってもより快適な住環境を求めることは悪い事ではありません。

生活保護受給者の方で住居の事でご相談のある方はお気軽にお声がけください。

賃貸部門はさほど忙しくない弊社スタッフが親身になってお聞きします(笑

 

aiwa-j.com

 

【入居者募集中】鶴ヶ島市賃貸パート|黄金コーポ

弊社の管理物件の鶴ヶ島市の賃貸アパート

「黄金コーポ」が、2部屋で空き室があります。

1階と2階。どちらも同じ間取りの1Kの木造アパートです。

鶴ヶ島駅西口まで徒歩11分で、周辺にはスーパーやコンビニにもあって

とっても便利な立地のアパートです。

ローロフトがついた8.5畳の洋室で家賃は3万円です。

生活保護受給者の方もご相談くださいね。

 

aiwa-j.com

寄居町大字金尾の一戸建て貸家がご契約になりました。

昨日、弊社が管理している寄居町大字金尾の一戸建ての貸家がご契約なりました。

長閑なプチ田舎暮らし物件です。

結構、遠くの物件を管理していると思われるでしょうが

これも管理物件が少ない弊社ならではの強みです(笑)

管理を任されている物件がご契約になるのは嬉しいですね。

f:id:aiwaj:20180526112645j:plain

いい具合の田舎感がたまりませんね。

f:id:aiwaj:20180526112334j:plain

サンルームもあるんですよ。日当たり燦燦です。

f:id:aiwaj:20180526110656j:plain

f:id:aiwaj:20180526111110j:plain

室内はリフォームされていて、外観からは想像できないくらいお洒落でしょ?

 

愛和住販は、賃貸物件の入居募集・管理・リフォームもしています。

お問い合わせは諸々はホームページからメールか

フリーダイアル 0120-04-0705 で!

 

aiwa-j.com

 

【入居者募集】坂戸市アパート|ルーブル坂戸

弊社の管理する坂戸市の賃貸アパート

ルーブル坂戸」の内装工事がほぼ終わり、只今入居者募集中です。

坂戸駅南口から徒歩約5分の1DKの賃貸アパートです。

坂戸中央病院の丁度裏側(南側)にある、木造2階建ての賃貸物件です。

内装はお風呂を除いてほぼリフォームしたのでキレイです。

家賃は45,000円。いつでもご案しますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

f:id:aiwaj:20180511121809j:plain

 

1階と2階の二室だけのアパートです。今回は1階のお部屋の募集です。

 

f:id:aiwaj:20180511121816j:plain

 

鍵は全て新しい鍵の交換する予定です。

 

f:id:aiwaj:20180511121825j:plain

ダイニング。クロスと床を張り替えています。

 

f:id:aiwaj:20180511121836j:plain

和室。畳は新品です。壁は塗装する予定です。

 

f:id:aiwaj:20180511121841j:plain

キッチン。新品に交換して壁も張り替えています。

 

f:id:aiwaj:20180511121858j:plain

お風呂。クリーングしています。

 

f:id:aiwaj:20180511121938j:plain

トイレ。便器も新品です。床も張り替えています。

 

f:id:aiwaj:20180511121931j:plain

エアコン1台付き。残置物扱いとなります。

 

f:id:aiwaj:20180511121913j:plain

ちょこっとお庭もあったりします。

 

aiwa-j.com

現況回復工事がだいたい終わりました。

過日ブログにも書いた弊社で管理している

坂戸の「ペット可」物件の現況回復工事がだいたい終わりました。

「現況回復」というよりもある意味「現況以上」に回復しています。

f:id:aiwaj:20180421113553j:plain

 

このように、床・クロス・扉も新品です。

これに奥の部屋の畳も新品に交換されますが畳は最後に搬入です。

前の店子さんの猫が、敷居や建具の枠まで強烈に破壊していてため

今回はそのあたりは全て新品に交換又は作り直しです。

弊社ではほぼ利益なしで工事をしていまして

正直もうこのようなサービス工事は請け負いたくないという気分ですが

利益なしでもかなりの金額がかかりました。

今回は、これらの工事は店子さんの全額負担となります。

まぁそれくらいに酷い具合にボロボロだったので仕方ありませんね。

とはいえ、「ペット可」物件にペットと住んでいて

退室時に高額な補修費を払わないといけない。というのは辛いです。

やはり前回も書きましたが、特に猫の場合は爪とぎ対策はした方がいいでしょう。

また、最初の契約でどの程度或いはどの範囲が店子さんの負担なのかを

細かく決めておかないと後々のトラブルの元になります。

さて、この物件はあとはクリーニングをかけて畳を搬入して終了です。

もちろん、新規の入居者さんも募集しています。

興味のある方はお問い合わせください。

内覧は出来る状態になっています。

 

 

原状回復工事

先日の「ペット可」物件の原状回復工事がなかなか始められません。

理由は、大家さんと店子さんの意見の相違があり現在調整中です。

平たく言うと原状回復工事の代金を誰が負担するか?という話です。

大家さんの言い分としては現況が経年劣化という

状態ではないので店子さんに払ってもらいたい。

店子さんの言い分としては、最初から「ペット可」で借りているのだから

ペットがつけたキズを全て修理するのはおかしい。

どちらの見解にも一理あると思います。

裁判所の見解は原状回復というのは通常消耗分を「元通り」に戻すことではなく

賃借人の故意・過失等による劣化を回復すること。という判断です。

それは、通常劣化分の修繕費等は必要経費として賃料に含まれているという理由です。

それはごもっともな話で、部屋をキレイにするのは大家さんの為ですからね。

それを店子さんに負担させるのは間違っているいるような気がします。

では、今回の「ペット可」物件は店子さんが言うように

大家さんがすべて負担するべきか?というとそれもまた違います。

確かに「ペット可」物件を借りていますが、

賃借人には、賃借物を善良な管理者としての注意を払って使用する義務を負っています

建物の賃借人として社会通念上要求される程度の注意を払って建物を使用しなければなりません。

ネコだったら爪とぎに注意したり、トイレを躾けたり。

それをしないで建具や畳・襖などが破損したら善管義務を果たしたことにならないでしょう。

自分の家で犬猫に畳の上で排泄はさせないでしょうし

爪とぎもシートを貼ったり爪をこまめに切ったりするでしょう。

我家にも猫が5匹しますが色々と工夫をしています。

そうした対処を全くしないで猫を飼っていれば当然だというのうは無理があります。

逆に「臭い」については、ペットを飼えば臭いはするのですから

「消臭」作業の分まで店子さんに支払わせるのはこれも無理があります。

そもそも、居住用の物件で退室時の原状回復工事代金を

賃借人が払うことなど昔はありませんでした。

それがいつの間にか原状回復工事を賃借人が負担する風潮になったわけです。

これは、物件を管理する不動産会社がそういう流れを作ったものだと推測します。

そして全国で原状回復工事でトラブルになるのは

現行の法律が「曖昧」だからに他なりません。

これだけ全国的にトラブルが絶えないのであれば明確に法律で決めるべきですね。

原状回復工事は、「大家さんが負担する」「賃借人が負担する」「双方で折半する」

これらのどれかに決めるべきだと思っています。

もちろん、現行法でも「大家さんが負担する」と一応は決まっていますが

「特約」を許しているので「曖昧」になってしまいます。

ここはハッキリと法律で決めて「特約」は無効とすべきだと思います。

それはトラブルを未然に防ぐためであり

大家さんと賃借人の双方を守ることだと思います。

不動産業界は自分たちの利益ばかり優先しないでもらいたいですね。

 

 

猫と住むなら。

弊社の数少ない管理物件が一部屋退室になりました。

この物件は建物古いのでペット可だったのですが

見事なまでに室内はボロボロになっていました。

入居者の方は猫を飼っていましたが

なるほど犬はいいけど猫はダメという大家さんが多いのが分かる気がします。

室内は床やドア、建具がほぼ新しくしないとダメそうです。

犬と違って猫は爪とぎするのでしかないと言えば仕方ないのですが

このお部屋は最初の約束で、猫が傷つけたものは

入居者の方の負担で修繕することになっているので負担も大変です。

弊社で現況回復工事をしますから

なるべく安く済ますようにと考えていますが

結構な大掛かりな工事になりそうです。

ペットと住みたい気持ちはよ~くわかります。

我家にも猫が5匹いますので、壁紙とかボロボロですが

それでも、マメに爪を切ったり

クロスや柱に猫が爪を立てられないようなシートを貼ったり

爪とぎをたくさん用意したりと工夫しています。

またいまは猫の爪用キャップとか売っていたりします。

あとは躾でしょうか。

猫と住むのならばそのような対策をした方がいいと思います。

猫用壁紙や畳にはカーぺート敷いたりとか

確かに多少の出費はかかりますが

野放しでボロボロになったお部屋の現況回復工事代金を考えると

お安くすむと思います。

またそのような飼い主さんが多くなれば

それに伴って「ネコもOK」の賃貸住宅も増えるような気がします。

猫好きな私にとって猫と一緒の暮らしを

一人でも多くの方が実現できることが喜びです。

そのためには飼い主ができることをやる以外にありません。

いつまでもネコを悪者にさせてはいけませんよね(笑)

さて、このお部屋現況回復をしたらならば入居者様を募集します。

もちろん今回も「ネコOK」です。

場所は坂戸中央病院のすぐ近くです。

ネコ好きさんのお問い合わせお待ちしています!